ロゴ

コメダのサステナビリティ

私たちは、“コメダのQSC”を基準に13のマテリアリティ(重要課題)を特定しました。くつろぎを提供し続けるためにマテリアリティを解決することで、持続可能な社会の実現を目指します。

コメダのQSC

qsc

飲食店運営には欠かせないQSC。これは、「Quality:商品の品質」、「Service:接客サービス」、「Cleanliness:店内の清潔さ」を意味しています。コメダのお店では、お客さまに“心にもっとくつろぎを”感じていただきたいという想いから、このQSCを進化させ“コメダのQSC”と名づけ、「Q:もっといいもの」 、 「 S:もっといいこと」 、 「 C:もっといいところ」と定めました。コメダのサステナビリティ活動は、この3つのテーマを軸にさまざまな取り組みを行っています。

おいしいものの追求

多様なニーズに対応しながら、みんなが笑顔になるおいしいものを追求します。

食の安全・安心の追求

すべてにおいて安全・安心を追求し、お客様の信頼に応えます。

安定供給のためのインフラ整備

生産者の想いと笑顔をお客様までお届けする、持続可能なインフラ整備に取り組みます。

コメダ流おもてなしの追求

コメダでは接客サービスを磨いています。すべては大切なお客様の“くつろぎ”のために。

働きがいのある会社の実現

“くつろぎ”を支える人財確保と人財の活性化で、働く私たちの笑顔があふれるお店を目指します。

取引先や地域社会との協働

取引先の皆様、そして地域の方々と一緒に持続可能な社会の実現を目指します。

くつろぎの空間の進化・拡大

くつろぎの空間を磨き上げ、世界中に“くつろぐ、いちばんいいところ”を広げていきます。

新業態の開発

社会課題の解決など新たな付加価値のある新業態に挑戦していきます。

環境への配慮

未来の子どもたちの笑顔のために、環境課題の解決に取り組みます。

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制

コメダでは、全社横断的にサステナビリティ活動を推進するため、代表取締役が委員長を務める「サステナビリティ委員会」を設置しています。
この委員会は、代表取締役直轄の会議体と位置づけ、事務局であるサステナビリティ推進室が各事業本部と連携して、サステナビリティ活動に関する目標設定や進捗状況のモニタリング、達成内容の評価等を行うことで、さまざまな施策を継続的に実施しています。

マテリアリティ(重要課題)

マテリアリティとは、さまざまな社会課題の中から、企業が事業への影響度が高い課題と、解決を社会から期待される課題を総合的に判断し、優先的に取り組むと決めた「重要課題」のことです。コメダでは、“コメダQSC”の3つのテーマと、国際的なガイドラインを判断基準とし、13の課題をマテリアリティとして特定しました。

コメダのマテリアリティ
  • M1商品・サービスの安全・安心の追求
  • M2多様な消費者ニーズへの対応
  • M3心と体の健康への貢献
  • M4労働安全衛生の向上
  • M5廃棄物削減と資源循環の推進
  • M6人財の確保と成長を支える環境整備
  • M7多様な人財の活性化
  • M8コミュニティへの参画と投資
  • M9良好な雇用関係と適正な労働条件
  • M10気候変動への対応
  • M11サプライチェーンにおける環境と社会への配慮
  • M12差別とハラスメントの撲滅
  • M13持続可能な消費に関する教育と啓発

マテリアリティの特定プロセス

コメダでは2020年3月に13のマテリアリティを特定しました。
特定したマテリアリティは、中長期視点で事業戦略上のリスクや機会となるもので、事業活動を進める上で基軸となるものです。今後もサステナビリティ活動を推進し、経済の発展と社会課題の解決に、事業活動を通して貢献していきます。

Step 1
課題の抽出

GRIスタンダードやISO26000、SASBなどの国際的なガイドライン、SDGs(持続可能な開発目標)、国連グローバル・コンパクト、FTSEやSustainalyticsなど、国際的なSRI/ESG評価機関からの調査項目を参考に、検討すべき34の課題を抽出。

Step 2
課題の優先順位づけ

サステナビリティ推進室を中心とした「サステナビリティ委員会」と、外部アドバイザーで抽出した課題に関する社会軸(社会の関心・期待・要請)と事業軸(事業への影響度)の評価を実施。マテリアリティ・マトリックスの案を作成。

Step 3
妥当性の確認

経営層と「サステナビリティ委員会」メンバー、および外部アドバイザーが、2度に渡る検討会を実施し、マテリアリティの特定ならびに、その妥当性を確認。

Step 4
マテリアリティの特定

サステナビリティ委員会および、取締役会における協議を経て、13のマテリアリティを最終決定。社会環境の変化に柔軟に対応し、また、ステークホルダーの声を反映させ、情報開示の透明性を向上するべく、定期的な見直しを実施。

マテリアリティの取り組みと
QSCとの関連性

マテリアリティの取り組みとQSCとの関連性

コメダは特定した13のマテリアリティについて、 「Q:もっといいもの」「S:もっといいこと」「C:もっといいところ」の3つのテーマを軸に、事業活動を通じてさまざまな取り組みを推進しています。

13のマテリアリティ コメダの取り組み 対象のQSC
M1 商品・サービスの安全・安心の追求 商品・サービスのすべてにおいて、お客様の安全・安心を徹底し、お客様との信頼関係を構築します。 Q
M2 多様な消費者ニーズへの対応 商品・サービス・設備のすべてにおいて、多様化するお客様のニーズに可能な限りお応えします。 qsc
M3 心と体の健康への貢献 あらゆる商品・サービス・設備で「くつろぎの空間」を実現し、お客様の心と体の健康に貢献します。 qsc
M4 労働安全衛生の向上 従業員が常に安全衛生的に従事できる職場環境を整備し、信頼関係の構築と安定操業を目指します。 QS
M5 廃棄物削減と資源循環の推進 プラスチックだけでなく、食品ロスなどの廃棄削減と、リサイクル推進と再生素材の活用を推進、3Rを徹底します。 c
M6 人財の確保と成長を支える環境整備 「おもてなし」を支える人財の確保と成長できる環境を整備して、人財豊富な持続可能な企業を目指します。 S
M7 多様な人財の活性化 多様化するニーズにお応えするために、多様な人財の活性化は不可欠と考え、ダイバーシティ経営を推進します。 S
M8 コミュニティへの参画と投資 地域貢献を通じて、地域に密着した店舗を目指します。また、新店舗を核に、地域活性化に貢献するコミュニティ形成を行います。 Sc
M9 良好な雇用関係と適正な労働条件 エンゲージメントを高めることを目的に、従業員満足度を向上させる人事制度と社風を構築します。 S
M10 気候変動への対応 気候変動抑止への貢献はもちろん、将来回避できない気候変動を予測した対応策を講じていきます。 c
M11 サプライチェーンにおける環境と社会への配慮 コメダだけでなく、加盟店、取引先などサプライチェーン全体でサステナビリティ活動を推進します。 qsc
M12 差別とハラスメントの撲滅 コメダ従業員、加盟店従業員を起因とする社内・社外への差別とハラスメントを撲滅します。 S
M13 持続可能な消費に関する教育と啓発 コメダのサステナビリティ活動を軸に、内部・外部の双方に向けて、サステナビリティに対する教育と啓発を行います。 S

SDGsへの取り組み

コメダでは、国連「SDGs(持続可能な開発目標)」の17 の目標達成に向けて、オリジナルのSDGsカードを店舗・事務所・工場などに掲示することで、啓発活動を行っています。作成しているカードは全部で80種類以上。楽しみながらSDGsを理解できるよう、文章を工夫しています。

「このカードは国際協力NGOセンター(JANIC)様のフォーマットを使用して制作した、コメダオリジナルのSDGsカードです。

ステークホルダーエンゲージメント

ステークホルダーエンゲージメント

コメダは、すべてのステークホルダーから信頼される企業であり続けるために、コメダに対する要請や期待を的確に把握し、それらに応えていくことが重要だと考えています。

ステークホルダーとの対話

コメダは、ステークホルダーとの対話を重ねながら、ご意見やご要望を企業活動に反映させています。

ステークホルダー おもな対話方法
お客様
  • お客様相談室
  • ミステリーショッピング調査
  • ウェブサイト、各種SNSでの情報発信
  • コメダ部イベントでの交流
  • お客様アンケート
FC加盟店
  • ヘルプライン
  • スーパーバイザーによる定期的な店舗巡回
  • オーナー会議
  • EOSでの情報発信
取引先
  • 日常的な調達活動
  • ヘルプライン
  • 「サステナビリティ調達ガイドライン」に基づく調達のお願い
従業員
  • ヘルプライン
  • 社員面談
  • 方針発表会(年2回)
  • 安全衛生委員会の開催
  • イントラネット
  • 社内研修
  • 社内報
  • 社員満足度調査
株主・投資家
  • 株主総会
  • 株主のみなさまからのお問い合わせ窓口
  • 決算説明会
  • 機関投資家との個別ミーティング
地域社会
  • 「コメダの森」での森林保全活動
  • 拠点、店舗周辺の清掃活動
  • スマホ教室
  • 食育授業
  • 企業献血
  • 子ども食堂、フードパントリー
  • 職場体験
NPO・NGO
  • 対話、意見交換