ロゴ

KOMEDA COMES TRUE. with you

みんなといっしょにかなえてゆきたいこと、いっぱい、いっぱい。コメダらしいサステナビリティ活動をご紹介します!

KOMEDA COMES TRUE. with you

みんなといっしょに
かなえてゆきたいこと、
いっぱい、いっぱい。

コメダらしいサステナビリティ
活動をご紹介します!

9/26“くつろぎの日”より『くつろぎの持続化投票』がスタートします!

  • 2021年9月24日
  • くつろぎの持続化投票!

「おいしいコーヒーをいつまでも」をテーマに、コーヒーの生産地にまつわる課題解決に向け、3つの応援プロジェクトを提案します!その中から皆さまの共感を1番多く集めたプロジェクトをコメダが実行していきます。

投票期間:9/26(日)~12/31(金)
投票方法:特設サイトよりオンライン投票

どなたでも1日1回、投票が可能です。

コメダ公式コミュニティサイト「さんかく屋根の下」に会員登録して投票いただくと、抽選で1,000名様に500円分のeギフト券が当たります!こちらへの応募は期間中1回までです。

地球温暖化などの気候変動や生産者の減少に伴い、コーヒーの生産量が激減してしまうと言われているコーヒー。地球温暖化の影響でコーヒーが飲めなくなってしまうかも?については過去の記事で詳しくご紹介をしておりますので、ぜひこちらをご覧ください。

今回実施する『くつろぎの持続化投票』でお選びいただける応援プロジェクトは3つです。

男女格差が大きいコーヒー生産地では、女性が男性と同じ時間働いていても所得が少ないという現状があります。そこで、ブラジルでは女性農家さんをサポートする「Café Delas(カフェデラス)」というプログラムがあります。実は、コメダのプレミアムアイスコーヒーソフィアもこのカフェデラスの豆を使用し、間接的に女性農園主を支援しています。もっともっと、幸せに働く女性農家が増えてほしい。そのために、コメダは女性の活躍のための支援を考えています。

コーヒー豆の生産量が世界一のブラジルですが、今や農家の平均年齢は60歳を超えていると言われており、後継者が少ないことが問題視されています。コメダのくつろぎに欠かせないコーヒーは、生産地から遠く離れた場所で親しみ、愛され、多くの人たちに飲まれていることを、子どもたちに知ってもらいたいと思っています。そして、将来、自分の進むべき道をきちんと選べるように、学校の設備を整え、学びの機会がつくれるように支援したいと考えています。

コーヒー産地の環境のために。自然が豊かでなければおいしい作物は育ちません。生産量を増やしたいからと言って、土壌を汚染したり、水資源を使いすぎてしまっては、生産地周辺の生態系に影響をあたえ、結果豊かな自然を失うことになるのです。また、コーヒーは非常にデリケートな植物であり、気温や湿度、降水量、寒暖の差など、さまざまな条件が揃わなければ、品質のよいコーヒー豆ができません。そのため、気候変動に順応した栽培方法をすることも必要となります。おいしいコーヒーの持続可能な栽培に向けて、自然環境に対する支援を行っていきたいと考えています。

応援プロジェクトは以上の3つです。『くつろぎの持続化投票』は12/31(金)まで!皆さま、ぜひ投票をお願いいたします。